支援のお願い

日隅一雄・情報流通促進基金へのご協力のお願い

昼夜を惜しみ、表現の自由・情報公開・国民主権の促進のために活動していた日隅一雄さんが、2012年6月12日になくなりました。49歳の若さでした。

日隅一雄日隅さんは京都大学法学部を卒業後、産経新聞の新聞記者として出発し、1998年に弁護士となってからもNHK番組改変事件、沖縄密約情報公開事件、グリーンピース鯨肉事件など表現の自由と情報公開に関する多くの訴訟を手がけました。

2011年5月25日、日隅さんは末期胆のう癌で余命半年と告知されました。当時、日隅さんは、東京電力の福島原発事故以来、連日インターネットメディア「NPJ(News for the People in Japan)」編集長として記者会見場に赴き、正確な事実を明らかにするため鋭い質問を繰り返していました。それから1年余、日隅さんは、病魔と闘いながら、東京電力の会見に通い続け、「検証福島原発事故・記者会見」(共著)、「『主権者』は誰か」、「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか(補訂版)」などを刊行し、また多くの方々との対談や講演(写真 木野龍逸氏提供) を重ねました。

日隅さんの弁護士そしてジャーナリストとしての一生は、表現の自由の確立と情報公開の推進等を通じて市民に主権を取り戻すという目標に貫かれていました。

 

本基金は、2012年12月12日、日隅さんをしのんで寄せられた皆さまからのご厚意をもとに設立されました。基金は日隅さんの生前の志と仕事を発展させ、表現の自由の確立と情報公開の推進を通じて市民に主権を取り戻すために活動を続ける人々を支援することを目的として下記の事業を行います。

  • メディア制度の改革のための政策提言活動
  • 「日隅一雄・情報流通促進賞」の贈呈(表現の自由・情報公開・国民主権の推進等に優れた活動をした個人・団体に対する表彰・賞金の贈呈)
  • 「日隅一雄・情報流通促進援助制度」による財政援助(ジャーナリスト等の表現活動を擁護する法的サポート費用の援助)

 

日隅さんの遺志を引き継ぎ、この基金の活動を続けていくために、引き続き皆様のあたたかいご協力を基金にお寄せ頂ければ幸いです。

(1口5000円から、できれば2口以上でお願いしております。)

 

①郵便振替をご利用の場合は

記号番号 00120-3-616964

名  義 日隅一雄・情報流通促進基金

(ヒズミカズオジョウホウリュウツウソクシンキキン)

 

②上記口座他金融機関からの振込の場合は

ゆうちょ銀行 019(ゼロイチキュウ)支店

当座預金 口座番号 0616964

口座名義 日隅一雄・情報流通促進基金

(ヒズミカズオジョウホウリュウツウソクシンキキン)

 

【基金代表理事】 海渡雄一(弁護士)・桂敬一(ジャーナリスト)

【基金理事】 梓澤和幸(NPJ代表)・宇都宮健児(日弁連前会長)・木野龍逸(ジャーナリスト)・白石草(OurPlanet-TV)・田中早苗(弁護士)・西野瑠美子(NHK番組改変訴訟原告団)(五十音順)

 

【お問合せ】

〒101-0041

東京都千代田区神田須田町1-3 NAビル4階

日隅一雄・情報流通促進基金

TEL:03-3255-8877 FAX:03-3255-8876

 

Email:azusawa@azusawa.jp